出産に関する諸手続き

窓のある病室

出産をするという時は様々な手続きが必要になってきます。例えばクリニックに通院するという時も手続きが必要になり、長期間通院することになるため様々なものを用意することになります。いざ出産したという時は更に様々な手続きが必要になります。例えば横浜に住所があるという時は横浜市に出生届をしなければなりません。出生届をするのは親の義務であり、本来受けるべき権利を受けられないこともあります。出生届は14日以内に役所に提出しなければならないとされており、生まれた赤ちゃんの名前もこの期間に決めておかなければなりません。市町村によっては出生届をする時に受け取ることが出来る権利なども存在し、出産一時金などが支給されることもあります。出産を終えた後というのは身体的にも休める期間が必要でこういった手続き関係を疎かにしてしまいがちですが、予め知識を付けて準備をしておくことでスムーズな手続きが出来るでしょう。

出生届は厳密に期間が定められています。基本的には住所がある場所の市役所に提出する必要がありますが、出産を行なった地域の市役所でも可能です。その理由として里帰りや良い出産クリニックを求めて他県へ訪れているという場合でも期間を過ぎ無いように配慮されているためです。例えば東京在住で、横浜で出産をしたという時は出生届は横浜市の市役所でも住所のある東京都の役場でも可能です。もしも期間が過ぎてしまうと受付を拒否されることはありませんが、罰金が発生します。これは戸籍制の国では一般的であり、親の義務であるためです。